採用について(喫煙者は不利・・)

喫煙者は採用しない?!
もちろんタトゥーも敬遠されます。大阪市職員の場合は摘発もされる事態に・・・
軽い気持ち?やファッション感覚で小さなものを入れる学生も結構いるようですが、反社会的と判断され、就活にはマイナスイメージが大きいです。



新卒採用の場合、ほとんどが4年制大学卒業(見込み)を原則としています。
早いところでは大学3年次の10月には募集が開始され、人気のある職業で、特にキー局では採用の割合がときに1000人に1人に達することもあります。
地方局やラジオ局は、キー局ほどには競争率は高くありません。
アルバイトでアナウンサーやリポーターの経験を積むか、アナウンススクールで指導を受けた方が採用には有利と言われています。

採用試験で重視されること
正しい日本語が話せるか
好印象を与える雰囲気・容姿を持つか
とっさの機転が利くか

語学やスポーツといった、業務に活かせる得意分野があるとよいでしょう。


入社後は数か月間の研修ののち、短時間のナレーションやスポットニュースのような無難な業務から始まります。
新人アナウンサーの初めての生放送出演を、「初鳴き」というらしいです。
順調な場合、入社後半年から1年でレギュラー番組出演の声がかかるようです。

以前の局アナの募集
フジテレビ
「フジテレビ専属リポーター・司会者募集」
「リポーター募集 フジテレビ」
という名目でアナウンサーを募集していました。

当時、フジテレビの中に「組合」と「第二組合」という2つの労働組合が存在していたため、フジサンケイグループ議長だった鹿内信隆が行っていた労組潰しの一環として、組合に所属していたアナウンサーをそのまま“アナウンサー”と呼び、第二組合に所属していたアナウンサーを“リポーター”や“司会者”と呼んで差別化を図っていたそうです。
いわゆる会社の“内紛”の結果による表記でした。
(当然ながら、どちらも仕事内容は本来のアナウンサーと全く同じです)。
当然この表記では何を募集しているのかが解りにくかったため批判も多くあり、中にはこれがアナウンサー採用試験と知らずに受験した者もいたほどでした。
ニュースキャスター、日本ニュース時事能力検定協会理事の田丸美寿々や現読売テレビ解説委員の辛坊治郎も、当初はこれをアナウンサー採用試験と知らずにフジテレビを受験していたそうです。

アナウンサー業務

北京オリンピック
グッジョブ

アナウンサーといえば、放送メディアのアナウンサーを指すことがほとんどであり、一般的な業務は次のようなものになります。

報道番組や情報番組でニュースを伝える
スポーツ番組の実況中継と実況リポート
取材やインタビュー
ディレクターや、編集作業の一部を担当
番組の司会やアシスタントを務める
収録VTR、番組宣伝CM、提供読みにナレーションをあてる
番組ごとの事前打ち合わせと反省会議
メイクや衣装の合わせ、原稿の下読みなど番組出演前の準備

やりがい!
アナウンサーは多方面の人物や事物に接することができ、オリンピックなどの歴史的感動的瞬間に立ち会うチャンスも多くありますので、刺激に満ちたすばらしい職業だといえますが、先日NHK報道部の一部アナウンサーたちが犯した株のインサイダー取り引きのような事も起きかねません。
人の知りえない情報を早く手に入れる職業だという認識と、モラルがこれからはもっと強く要求されることでしょう。

担当番組の傾向(報道系、スポーツ系、バラエティ系・・)
民放とNHKでは若干違うと思いますが、担当番組の傾向がはっきりしているアナウンサーは多く、テレビ局では本人の希望や適性に応じて各分野ごとの人材を育てているようです。
しかしオールラウンドプレイヤー的なアナウンサーも一部存在し、ラジオ局ではいろんな番組を兼任する傾向が顕著なようです。
またニュースキャスターやリポーターと業務的にかぶる部分も多く、会社の役職名や自称の肩書きがアナウンサーであっても、アナウンサーが場面によってこれらの呼称に変化することも多いようです。

アナウンサーは、放送局所属のアナウンサー(局アナ)とそれ以外のフリーアナウンサー(フリーアナ)に大別されますが、両者のアナウンサーとしての仕事内容に実質的な違いはありません。

正しい日本語の担い手


アナウンサーは正しい日本語の担い手とされ、文法の誤りや品の悪い言葉がアナウンサーの口から発せられると、放送局に苦情が寄せられます。
通常の番組では共通語を喋ることが求められます。
(かつて共通語ではなく標準語という言葉が用いられたが、現在は共通語が推奨されている。)
アナウンサーは、言葉の美しさや情感の豊かさも大切にしています。

地方出身のアナウンサーはその土地の方言のアクセントが無意識に出やすく、アナウンサーの業務上はややハンデがあるようです。

滑舌を良くするため、アナウンサーのトレーニングには早口言葉が取り入れられています。

日本初の放送

1925年3月22日、社団法人東京放送局(現在のNHK東京放送局)によりラジオ放送が開始。
アナウンサー京田武男が第一声を発しました。
京田はもともと東京日日新聞の運動部記者であった。

日本初の女性アナウンサーは1925年6月に東京放送局に入局した翠川秋子さん。以前は絵の教師や雑誌の編集をしていたそうです。

日本初のスポーツ実況中継は、第13回全国中等学校優勝野球大会の1927年8月13日に行われた札幌一中対青森師範の試合。
社団法人日本放送協会の魚谷忠が実況を担当。
魚谷は元銀行員だそうです。

ラジオ放送開始時には、日本語アナウンスの手本となるようなものは当然なく、初期のアナウンサーに組織的な研修はなく、各自で話し言葉のスタイルを模索していました。

やがて漢字・外来語・固有名詞の読み方や、方言、アクセントの標準化が、アナウンサーや識者らによって研究されていきました。

1953年2月1日、テレビ放送が開始。
第一声はアナウンサーではなく、当時NHK会長の古垣鐵郎です。
当初、ニュースはラジオ用の原稿を少し直して読んでいたようです。

1956年放送開始のNTVニュースで、初めてアナウンサーが画面に顔を出して原稿を読むスタイルが採用されました。

人気タレント化「女子アナ」


まや・日記 [ 小林麻耶 ]


「女子アナ」
女性アナウンサーのタレント化の中で、容姿や笑いを取る姿勢などがタレントのようであることや、キャラクターや私生活にアナウンサー業務としての範囲を超えた関心が払われたり、視聴率獲得のため番組に人気アナウンサーが起用されるように、女性アナウンサーが「商品化」され、大衆とマスメディアの動向で作られた言葉のようで、この定義に相当する男性アナウンサーもいますが、「男子アナ」との言い方はないようです。

「女子アナ」と呼ばれるのは、30歳以下のバラエティ番組に出演が多い者が中心です、まれにベテランも含んだ女性アナウンサー全般である場合もあり、かなりの年齢幅が見られます。
会社員でありながら、女子アナにはタレント顔負けの人気を博す人も少なくありません。

「売れっ子女子アナ」は20歳代が中心



最新版!2013年スーパーヒットカレンダー☆CL-203 スーパーヒットカレンダー2013 TBS女子アナウンサー

「売れっ子」女子アナは20歳代が中心で、30歳前後の年齢を結婚や転職の契機と見るのは、タレントのような女子アナも一般的なOLと同様のようです。

アナウンサーは目立つ職業の最たるものであり、「鮮度」が要求され、お笑いタレントなどのように遅咲きというのはほとんどなく、30歳前後までに人気や実力を確立できなかった女子アナは、容赦なく裏方の部署に配置替えという非常な現実があります。

30歳前後で女子アナがテレビ画面から次々に姿を消していく現象を、労働者の定年制になぞらえた「女子アナ30歳定年説」という言葉が、女子アナ界であるらしいです。

女子アナという職業は各界の著名人との交流が持ち安いため、その美貌や器量を活かし、玉の輿に乗る女子アナは珍しくありません。

このような見た目の華やかさもあいまって、女子アナは羨望や嫉妬の対象になりやすい職業であるようです。
しかし女子アナにとっては、良いパートナーを仕事上の交友範囲から選んだに過ぎず、自然な成り行きともいえ、玉の輿といわれるものが、女子アナの結婚全体に対して多いかどうかも疑わしく、羨望や嫉妬先行の側面があるようです。

また女子アナには結婚退職や部署の転属のほか、独立してフリーアナウンサーやジャーナリスト、女優、政治家など、さまざまな職業を目指す人たちもいます。

タレントとしての女子アナ


テレビ朝日女性アナウンサー【201】2013年カレンダー

放送局所属の女子アナは、局専属のタレントともいえ、女子アナをタレントの一種とした見方も存在するようです。

局の専属タレントとすることで、局側としては番組出演が容易に調整でき、本物のタレントを起用する場合に比べて経費が格段に安く済むというメリットがあります。

タレント化に対する批判として、バラエティ番組やクイズ番組などにおいて、社会的常識に欠ける発言や回答をするアナウンサーが時折見られます。
これにはアナウンサーの資質が低下しているとして批判する意見と、番組の盛り上げ役を果たしているとして擁護する意見に別れ、「若者の読み書きの能力は年々低下している」、「入社希望の学生の漢字テストの成績が良くない」といわれたりする反面、キャラとして、台本にはない魅力を共有し、社会的常識があるはずの局アナのイメージを逆手に取った、演出の一面であるという意見があります。

アナウンサー自身の資質の低下が事実であるとしても、アナウンサーを採用・育成したのは放送局であるし、アナウンサーに番組内でどのような役割を期待するかは、放送局や製作プロダクションの意向によるものであり、責任をアナウンサーだけに求めるのはおかしいともいえます。
アナウンサー個人の問題もないわけではありませんが、放送業界全体の問題ととらえた方がより正確でしょう。

放送業界がアナウンサーの資質の低下ととれる振る舞いを容認することは、アナウンサーには多少なりとも言葉をつかさどる社会的責任があることの軽視とみなせます。

これらは娯楽の範囲内とする主張もでますがが番組の低俗化、ひいては視聴率主義の弊害であるおそれもあります。

アナウンサールーム



各局のアナウンサールームの紹介です。

テレビ東京アナウンサールーム
 http://ablog.tv-tokyo.co.jp/
大橋 未歩アナや亀井京子アナの写真やプロフィールはこちら

ABAアナウンサールーム −青森朝日放送−
http://www.aba-net.com/announcer/ana_prof.html

アナウンサールーム - 名古屋テレビ 【メ〜テレ】http://www.nagoyatv.com/ana/profile_woman/index.sms

日テレ アナウンスルーム
http://www.ntv.co.jp/announcer/new/index.html

毎日放送アナウンサールーム「あな。」
http://www.mbs.jp/announcer/
八木早希

アナウンスルーム|KNB WEB
http://www2.knb.ne.jp/analist2/index.htm

アナウンサールーム/日本海テレビ 
http://www.nkt-tv.co.jp/ana/index.html

アナウンサールーム|KBC九州朝日放送
http://www.kbc.co.jp/an-room/

アナウンスルーム NHKアナウンサー
http://www.nhk.or.jp/a-room/

福井テレビ@ホームページ<アナウンサールーム>
http://www.fukui-tv.co.jp/ann/index.html

TVOアナウンスルーム
http://www.tv-osaka.co.jp/ip4/ana/

アナウンサールーム|TOSテレビ大分
http://www.tostv.jp/announcer/index.html

愛媛朝日テレビ eat sweet heart station
http://www.eat.jp/announcer/index.htm

ABSアナウンサールーム
http://www.akita-abs.co.jp/anaroom/index.htm

OAB 大分朝日放送 アナウンサールーム
http://www.oab.co.jp/ana/index.htm

RCCアナウンサールーム
http://www.rcc.co.jp/announcer/

UTYアナウンサールーム
http://www.uty.co.jp/anaroom/index.htm

アナウンサールーム <奈良テレビ放送>
http://www.naratv.co.jp/ana/index.html

OAB 大分朝日放送 アナウンサールーム
http://www.oab.co.jp/ana/okubo/index.html

静岡第一テレビアナウンサールーム
http://www.tv-sdt.co.jp/scripts/ana/sdtana_b/sdtana.php

TBC東北放送/アナウンサー
http://skip.tbc-sendai.co.jp/04anno/index.html

転進女子フリーアナウンサー

石山倫子(元北日本放送アナウンサー→AV女優 麻生香

青木さやか<どこ見てんのよ!>(中京圏でリポーターなどで活躍→現:お笑いタレント(ワタナベエンターテイメント所属))


田中亜弥(第17期圭三塾出身)フリーアナウンサー活動後、2007年5月1日にMOODYZからAVデビュー

寺田理恵子(元フジテレビ(寿退職→離婚)→TBSビッグモーニング、CX3時ヨこい!、ビッグトゥディなど司会、再婚して引退)

花田(旧姓河野)景子(元フジテレビ→日テレ投稿!特ホウ王国など司会→現:貴乃花親方夫人)

松任谷國子(圭三プロダクション所属)

故人

絵門ゆう子(旧姓:池田)(元NHK→女優・桐生ゆう子として活躍→作家・エッセイストとして活躍)


薬袋美穂子(TBSテレビ「そこが知りたい」リポーターなど)

米森麻美(元日本テレビ。永井美奈子、薮本雅子とともにDORAでも活躍)

転職フリー女子アナ「田中亜弥」衝撃のAVデビュー

田中亜弥.jpg

多くの女子アナが転職していますが、やはり一番注目を集めたのはワールドビジネスサテライト等でレポーターを務めた現役アナウンサー「田中亜弥さん」ですね・・
衝撃の実名デビューで一挙にブレイク!

田中亜弥オフィシャルサイト
http://www.moodyz.com/actress/-/detail/=/id=500147/

プロフィール
田中亜弥(たなかあや)
ニックネーム あや
生年月日 : 1979年07月30日
出身地 : 山口県
出身校: 徳山女子短期大学経営情報学科卒
血液型 : A 型
身長 : 153cm
サイズ : B 81(B)cm W 55cm H 82cm
(T153/B81(B)/W55/H82、服サイズ・上下5号、靴23.5cm以上、アナウンサー活動時のデータ。
・・女優としては、1979年8月20日生 東京都出身 血液型O サイズ:T153/B81(B)/W55/H82 としている。)
趣味、特技 : 料理、作詞、ジャイアントカプリコいちご味の大食い・フェイスエステ

フリーアナウンサー時の活動歴
テレビ
ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)
伊東家の食卓(日本テレビ)
ザ!世界昇天ニュース(日本テレビ)
ブスの瞳に恋してる(局アナ役、フジテレビ)
カラオケ大賞21(アシスタント、チバテレビ)
クロスネットWao! (リポーター、シティケーブル周南)
アングラNOW(アシスタント、シティケーブル周南)
やっぱり みなと ぐぐっとGood(リポーター、みなとCATV)
冬の大抽選会(司会、やしろショッピングパークBio)

CM
JOYカード
ビューティスクール
大塚製薬ネイチャーメイド
PV
夏川りみ「童神 - ヤマトグチ -」(ヒロイン役)
DVD現役アナウンサー 衝撃!実名・・デビュー「田中亜弥」
DVD品番: MIGD-002
発売日: 2007年5月1日 その他